マグソーラーシステムの仕組み

パネルを固定するマグネット

マグソーラーシステムなら取付がとても簡単。屋根に磁力を強化するための着磁補強板を取り付け、強力磁石(マグネット)の付いた太陽光パネルを載せるだけです。すばやい施工で屋根や構造への負担も最小限で行います。

強い磁力を保つため、永久磁石独自の金属カバーをプラス。さらに着磁補強板が磁力を強化し、太陽光パネルと屋根をしっかりと一体化させます。

panelstructure2.gif mag_structure.gif

マグソーラーシステムの優れた点はボルトを使わず屋根に装着できること。屋根を傷つけずに太陽光発電システムを導入できます。

設置の条件について

panelimg.jpg

設置場所や屋根形状などのデザインが太陽光発電システムによって左右されてしまうもの。とくに平坦な陸屋根は、別途支える台が必要になるなど、大きな制限が生じます。そして、条件を満たしていても、太陽という自然の恵みの利用ですからいつも100%発電するとは限りません。

それならいっそ、全方向に対応できるように太陽へ向けてパネルを垂直にして傾斜を無くしてしまおう...どんな建物にも対応しよう...そんな発想を生かして生まれたのが、このマグソーラーシステムです。

マグソーラーシステムなら太陽と垂直にパネルを設置しますので陸屋根にも設置可能。もちろん従来の屋根形状にも対応です。