太陽光パネルを磁石で取付

家を長持ちさせるマグソーラーシステム

sekouマグネット設置方式"マグソーラーシステム"は、従来ソーラーパネルを取り付ける際の建物にかかる危険や負担を解決すべく誕生しました。

最大の特徴は、太陽光パネルをボルト等を用いず屋根に穴をあけることなく設置できる点です。

屋根材を痛めない安心施工かつ取り外し可能で高いメンテナンス性も誇る"マグソーラーシステム"は、太陽光パネル取付の画期的取付方法なのです。

問題を解決!屋根に優しい工法

屋根形状で異なる防水の考え方

実は、ビルの屋上のようなフラットの陸屋根という屋根形状と一般的に住宅によく使われる勾配屋根、この2つの屋根の防水の考え方が異なるのです。

陸屋根は水を通さないことで雨を防ぎますが、勾配屋根は屋根材そのものと屋根材の勾配によって雨を防ぎます。
屋根の下にはアスファルトルーフィングという防水シートが敷かれますが、ルーフィングは防水施工や屋根材とあわせることで発揮されると考えられており、単体では十分に防水するとは言い切れません。
ですから、勾配屋根の場合は特に屋根材が雨を防ぐ重要な役割を担っています。

マグネット取付で屋根を守る

ところが、ソーラーパネルを設置する際に良く取られる施工方法は、防水という重要な役目を担う屋根材を貫通させてボルトで取り付けるものが多数あるのが現状です。このような方法では、アスファルトルーフィングをも貫通する可能性もあり、後々穴周辺から漏水の危険が生じかねません。太陽光パネル取付による漏水トラブルを防ぐためには屋根を傷つけない方法がベストなのです。

roofburden3.jpg

マグソーラーシステムは屋根に一切加工せず、着磁補強板を屋根に接着、そこにマグネットを取り付けたソーラーパネルを置くだけです。

また、太陽光パネルの設置は全て長年地元で住宅の屋根を取り扱ってきたプロが行います。電気工事も電気工事士の資格を持つプロによるもの。さらにメーカーの施工基準に則って施工します。
マグソーラーシステムなら施工もすばやく、屋根をより長持ちさせることができます。

取り外しも簡単!高いメンテナンス性

mag-set3太陽光パネルを載せるだけのマグソーラーシステムなら、取り外しも容易でメンテナンスもスムーズに行えます。マグネットを外すだけですからデリケートな屋根の補修時もスピーディに対応できます。

また、レインボウルーフなら耐候性PVC鋼板とステンレス鋼板を使用した軽量・高耐久屋根ですから劣化の心配もありません。