太陽光発電の仕組み

どうやって発電しているの?

太陽光発電システムに使われる太陽電池には様々な種類があります。一般的には多結晶、単結晶型と言われるシリコン系半導体の性質を持つものが採用されています。
半導体が光を受けると内部に電子エネルギーが与えられ、電流が起きる性質を利用し発電しています。

余った電力の売電

一般の太陽光発電システムは電力会社の配電線とつながっており、発電量が消費電力を上回った場合は、電力会社へ送電して電気を買い取ってもらうことができます(売電)。反対に、曇りや雨などで発電した電力では足りない時や、夜間などは従来通り電力会社の電気を使用します(買電)。
なお、こうした電気のやりとりは自動的に行われ日常の操作は不要です。 ソーラー発電システムにはモニターが取り付けられています。そのため、発電や家庭での消費電力の様子、売買状況などを目で確かめる事ができます。

太陽光発電の仕組みについて

太陽光発電の仕組み

太陽電池モジュールで電気(直流電力)をつくり、パワーコンディショナで電力会社からの電気と等しい交流電力に交換し家庭内で使用します。

1、太陽光モジュール
太陽の光で直流電力をつくります
2、接続ユニット
太陽光パネルからの直流配線を一本にまとめ、パワーコンディショナに送るための装置です
3、パワーコンディショナ
太陽光パネルで発電した直流電力を家庭内で使用できる交流電力に変換するための装置です
4、カラーモニター
発電状況などの確認が出来ます
5、分電盤
発電した電力を各部屋で使えるように送る装置です
6、電力量計
電力会社に売った電力や、買ったした電力を計量するメーターです