今必要な太陽光発電

太陽光発電とは

現在の日本では、電気をつくるエネルギーとして石炭・石油・天然ガスなどを代表とする火力発電、原子力発電を主としています。 地球環境のために
sun&panel.jpg

  • 原子力・太陽光・風力など発電時にCO2を出さないCO2フリー
  • 火力で発電する際にCO2を減らすCO2オフ
この2つの柱での削減を目指していますが、まだエネルギーの移管はゆるやかな状況です。

石炭石油天然ガスは化石燃料とも呼ばれますが、この種のエネルギーは二酸化炭素(CO2)をはじめ窒素や硫黄酸化物などを排出します。このCO2排出量が多いエネルギーの依存度が高い状態は、地球温暖化を促進ししてしまう材料のひとつとして懸念されています。
また燃料の入手は輸入に頼っており、安定したエネルギー生産とともに枯渇するのではないかという不安も抱えています。
一方、太陽光・風力などの自然現象から得られるエネルギーは主に太陽がサンサンと輝くかぎり供給される、非常にクリーンな「再生可能エネルギー」とも呼ばれています。

いままでは利用につながるエネルギー密度を上げることが困難でしたが、技術の普及によって比較的簡単に利用できるようになってきました。

そんな技術の進歩と自然エネルギー利用でいま着目されているのが太陽エネルギーです。

地球にはごく一部しか届いていませんが、それでも地表に降り注ぐ太陽エネルギー1年分で、石炭石油天然ガスウランなど全てのエネルギー資源量の10倍を超えるといわれる膨大な恵みです。

この膨大なクリーンエネルギーを太陽電池によって太陽の光エネルギーを電気に変え、 ご家庭で優先的にお得に使うことができるのがソーラー発電です。
発電した電気を照明や冷蔵庫・エアコンなどの電化製品に使うことによって電気代の節約になり、ひいてはエネルギーの節約をすることで地球環境の改善にもつながります。

地球に優しくお得に暮らすエコ生活を始めてみませんか。